肌年齢-5才も夢じゃない!ハリはこれで蘇る!!
>

オールインワンゲル、メディプラスゲルの効果的な使い方を伝授

オールインワンゲルは化粧水、美容液、乳液、美容クリームを1つにまとめたゲル(ジェル)です。
実際に使っているという人も多いかと思いますが、
使っていてもオールインワンゲルの効果的な使い方については詳しく知らない場合もあるはずです。
例えば化粧水や美容液とWで使いたい場合はどうすればいいのでしょうか?メイクはクリームを塗った後にどうすればいいのか、
乾燥が気になる部分にはどうすればいいのかなど、細かな使い方についても疑問が多いかと思います。
そこで今回はオールインワンゲルの効果的な使い方をまとめました。
オールインワンゲルが気になっている方、あるいは既に使っている方も参考にしてみてください。

オールインワンゲルの基本的な使い方は3ステップ

そもそもオールインワンゲルはどうやって使うといいのでしょうか?
基本的な使い方は以下の3ステップになります。

  • 1.顔に100円玉ほどのゲルをお肌に伸ばす
  • 2.手でお肌を覆って温める
  • 3.乾燥した部分にゲルを足す

特に2番の手でお肌を温めるという作業が重要です。
手のひらでお肌を覆って10秒ほど温めれば、奇麗にゲルはお肌に入っていきます。
さらにこれ以外にも多くのアレンジがあり、例えばお肌のコンディションに合わせて
化粧水や美容液、美容クリームを組み合わせたり、ゲルを顔に伸ばしたままお風呂に入って、
パックのような使い方をしたりと、いろいろな工夫もできるのです。

  • 洗顔→化粧水→オールインワンゲル
  • 洗顔→美容液→オールインワンゲル
  • 洗顔→オールインワンゲル→美容クリーム

といった感じで、自分なりにお肌のコンディションに合わせて自由にアレンジしてみてください。
本来、オールインワンゲルが苦手だった、肌の微妙な変化にも対応できるようになります。
ただ、油分の多いクリームを先に塗ってしまうとオールインワンゲルがお肌に入りにくくなるので、
クリームに関してはゲルの後に利用してくださいね。

以上がオールインワンゲルの効果的な使い方ですが、いかがでしたか?
オールインワンゲルは、お肌のコンディションによって細かく調整が利きにくいというデメリットはありますが、
以上のようなアレンジを利かせれば対応ができるようになります。 普段はオールインワンゲルを利用しつつ、お肌の調子が悪い日はフルコースで基礎化粧品を使ったり、
ゲルに化粧水や美容液をプラスしたりして柔軟に対応するなど、バランスを見ながらケアできるようになると最高です。
ぜひとも皆さんなりのケア方法を編み出して、美しいお肌作りを頑張ってみてくださいね。