肌年齢-5才も夢じゃない!ハリはこれで蘇る!!
>

『オールインワンゲル:メディプラスゲル』VS『基礎化粧品セット』

化粧水、美容液、乳液、美容クリームの
4役を1つで兼ねてしまうオールインワンゲルです。
そう聞くとオールインワンゲルは圧倒的なメリットしかないように思えますが、実際はどうなのでしょうか?
そこで今回は、基礎化粧品をラインで使うスキンケアと、オールインワンゲルを使った
スキンケアをマトリックスチャート図にして、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

基礎化粧品セットにもオールインワンゲルにも、いい点、悪い点がある

どんな商品でも同じですが、
メリット・デメリットは必ずあります。オールインワンゲルと基礎化粧品も一緒なので、
以下のようにまとめてみました。

オールインワンゲル

メリット
・コストが安い
・手間が楽ちん
デメリット
・細かくケア内容を調整できない

基礎化粧品セット

メリット
・細かくケア内容を調整できる
デメリット
・コストが高い
・手間が掛かる

オールインワンゲルは1つで4役を兼ねてくれる商品なので、当然コストが安くなりますし、
化粧水→美容液→乳液→美容クリームとラインで使い分ける手間もないので、劇的な「時短」が可能になります。
しかし、そのメリットは裏返せばデメリットにもなります。例えば乾燥がひどい、
紫外線をたくさん浴びてしまった、染みが出てきたなど、毎日のお肌の変化に、小回り良く対応が利かないというデメリットもあります。
基礎化粧品であれば、その日のお肌の調子やスケジュールによって化粧水をたくさん与えたり、
美容クリームを多めに足したりと、細かな調整ができます。しかしその分だけ、
コストも手間も余分に掛かるというデメリットがあります。

以上がオールインワンゲルと基礎化粧品セットのメリットとデメリットですが、いかがでしたでしょうか?
オールインワンゲルにはオールインワンゲルのいい点・悪い点がありますし、
基礎化粧品の使い分けにもいい点・悪い点があります。だからこそ、ページのタイトルと矛盾するようですが、
オールインワンゲルVS基礎化粧品という考え方をやめてみてください。

両者は対立するスキンケアグッズではなく、両方持って使い分けるスキンケアグッズだと思うのです。
例えばお肌の調子がいいときはオールインワンゲルを使って、お肌の状態が好ましくない、
何か特別なケアをしたいという場合は基礎化粧品を細かく使い分けるなど、Wで利用できると理想的です。

特に忙しく働いている女性や、家事や子育てで自分に使う時間が限られてしまっているような方には、
W使いはメリットが大きいですよね?
ぜひとも試してみてください。